Archivio di 11月, 2019

家賃保証を利用して部屋を借りる利点は?

借主が賃貸契約をする際に家賃保証会社を利用するべき最大のメリットとは何でしょう?知人・友人などを頼って連帯保証人が見つからないときに家賃保証会社を利用すると入居審査に通りやすくなります。また、家賃保証会社を利用するとアルバイトでも入居審査に通りやすいです。賃貸契約の際に一番大事なところである入居審査ですが、収入面などを見て審査に通らないことがあるかもしれません。そんなときに頼れるのは家賃保証会社です。最近はほとんどの物件が家賃保証会社への加入を義務づけています。今回は家賃保証会社を利用するメリットを紹介します。その前に・・・家賃保証会社とは?まずは家賃保証会社のことがよくわからない方のために1から説明します。家賃保証会社とは、借主が家賃を延滞をしたときに貸主に対して立て替え払いをしてくれる会社のことです。家賃支払いの連帯保証をする代わりに、借主から保証料を手数料として受け取ります。では、ここからメリットを説明します。①連帯保証人が見つからないときに対応してくれる知人・友人などに頼んで無理だったときに、家賃保証会社を利用すると入居審査に通りやすくなります。②アルバイトの人でも入居審査に通りやすい③初期費用が抑えられる https://www.4cs.co.jp/business/shikumi.html

屋形船に乗れる最大人数は何人まで?

屋形船をパーティ、歓送迎会あるいは観光で利用することが多くなりました。たくさんの方が乗船し、にぎやかで楽しそうですが、果たして屋形船には最大で何人ぐらいまで乗船できるのでしょうか?屋形船の定員について調べてみました。 屋形船の利用の仕方には、乗合いと貸切の2種類があります。どちらの利用にしても気になるのが屋形船の定員です。貸切で屋形船を利用することを計画しても、参加人数が増えれば屋形船の定員は気になります。定員の数によっては計画の変更を余儀なくされることもあるからです。 さて屋形船の大きさは大きく分けて、定員100名以上140名未満の大型屋形船、定員20名以上100名未満の中型屋形船、定員20名未満の小型屋形船に分かれます。 貸切の屋形船では100名以上の大型屋形船が利用されることは珍しくありません。パーティーなどの大規模なイベントでの利用では役立ちます。 乗合いの屋形船の定員は屋形船シーズンなら中型屋形船や大型屋形船が使われます。それ以外では小型屋形船を使うケースもありますが、乗合い屋形船では最低出航人数に達しなければ出航しないこともあるので注意して下さい。 屋形船の窓口